スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

京都の雀荘の勝ち方を取ろう

 今、中学生の私は窮地に陥っていますこの自分の特別な体質。

小学校の時に努力して行き来して種々の病院を治療するつもりで、でも(でき(ありえ)る)がいらないですべて果実を結びます。  

私は医者にs符jiを投げられて、とても目新しい大量の恐怖症の持ち主。



 まず、普通なものは高いところの恐怖症があって、閉所恐怖の病気。前者が幼い時、一族の行く園遊ののが車を観覧するで遊ばせておく時発見されたもの。ざっと中で気が遠くなるようです。



 後者、今もよく面倒な恐怖症を使うのです。特に便所。

 学校の便所は広くて良くて、でも、家の便所は1人がとても狭いで気が狂うため。

 最近、病状が悪化して恐怖が6つの席の自分の部屋があることと感じて、12つの席の居間があります。いつの間にか学校のは教室に向って……。



 最も親の増やしたのは面倒で、まだ陰の恐怖症でしょう。幼い時親と一緒に眠って、でも、もちろん部屋に消えていくニュース就寝が付け加えてあります。私の恐怖は過度に常に泣きましたゆがんでいる。

 暗黒に対して恐怖の恐怖症があるのです。

 閉じるのも第おとなしく恐ろしい位です。

 小型の電球の拒絶反応をつけても消えてなくなることがあり得ません。

 仕方がなくて、親は私は一人で寝ついてニュースを要するまで(へ)付け加えることができる個がとことんまでやることがあるようになります。

 今、自分の部屋で寝ついて、でも電報を打つ一回が消えてもありません。 

 

 その他、先端の恐怖症、クモの恐怖症(クモ恐怖)のため、植物の恐怖症(棘のあるの植物の恐怖のため)、広場の恐怖症(黒山の人だかりの恐怖のため)、動物の恐怖症、,すべての恐怖症も生活の自由を奪っていくことができるため私の体を待ちます。



 最近も『あまりに広い京都でも恐れる』この広所の恐怖症を患っています。



 それか? 閉所恐怖の病気の対立とか? h符h符h符h符h符h符h符。



 しかし、最も重病『人の恐怖症に対して』です。

京都の雀荘でゲーム代のどうなの?



おすすめ記事


スポンサーサイト
| トラックバック:0 | コメント:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック URL

トラックバック

プロフィール

akita

Author:akita
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

京都 雀荘 (550)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。